ポレンタ天国

ちょいデブおやじのダイエット奮闘記です(笑)

5、6月に読んだ本

滝浦真人『日本語リテラシー』(放送大学教育振興会)
www.e-hon.ne.jp
最終的にレポートを書けることを目標にした本なのですが、そのうでなくても有益だと思います。文章がうまい=一読して意味が分かる、だと個人的に思っています。文章のうまい人が誰から習うでもなく実践できているのであろうと思われることを説明してくれます。


滝浦真人ほか編『日本語アカデミックライティング』(放送大学教育振興会)
www.e-hon.ne.jp
続編となるこちらの本も読みました。こちらはさらに進んで論文をまとめることが目的ですから、調査方法についても少し詳しく書いてあります(本書だけでは厳しいでしょうが)。とりあえずアンケートでもするか、と思う人を戒める点と、テーマをどう絞るかを具体的に書いてある点とが有難かったです。


日本近代文学会・編『ハンドブック日本近代文学研究の方法』(ひつじ書房)
www.e-hon.ne.jp
どうも西洋文学ともまた少し異なる方法論と用語法があるようで、考えてみればそんなことは当りまえなのですが、新たな知識を得られました。ただ、「フェミニズム」の項を執筆した人がロールズの『正義論』とネオリベラリズムの関係を誤解しているのが気になりました。編者は誰も指摘しなかったのでしょうか。項目の概要を的確にまとめて紹介してくれる人と文学青年の感想文みたいな人とが両方いるのもねえ。あとがきによれば、若手研究者に研究史を踏まえてもらいたく、また卒業論文を執筆する人にも参考なれば等と書かれていますが、これを読んでも卒業論文に役立てるのは難しそうです。私のような門外漢がぼうっと眺めるぶんにはよかったです。


細川英雄・編『考えるための日本語 実践編:総合活動型コミュニケーション能力育成のために』(明石書店)
www.e-hon.ne.jp
いや、このような知の共和国をつくりあげることができるのは早稲田にくるような優秀な留学生だからじゃねえの?という身もふたもない感想をまず抱きましたが、著者の理念には共感します。言いたいことがある人がどんどん言いたいことを発信して他者に理解してもらうための授業で、外国語学習が「市民」形成につながっていく様を紙上で再現しています。このような授業は、私のように特に言いたいことがない人にとってはやや苦痛かもしれません。

4月に読んだ本


『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』90秒予告編


小池生夫・編『第二言語習得研究の現在:これからの外国語教育への視点』(大修館書店)
www.e-hon.ne.jp
教室第二言語習得研究と外国語教育 リスニング

伊藤秀史『ひたすら読むエコノミクス』(有斐閣)
www.e-hon.ne.jp


ソフィー・ドゥデ『チャーチル』(祥伝社[祥伝社新書・ガリマール新評伝シリーズ])
www.e-hon.ne.jp


小塩節『トーマス・マンとドイツの時代』(中央公論社[中公新書])
www.e-hon.ne.jp


沼崎一郎『はじめての研究レポート作成術』(岩波書店[岩波ジュニア新書])
www.e-hon.ne.jp

3月に読んだ本

日本心理学会監修『心理調査の基礎:心理学方法論を社会で活用するために』(有斐閣)
www.e-hon.ne.jp
 大学で学んだことが働いてからも役に立つことはよくありますが、心理学も例外ではないようです。本書は観察、実験等も含めた調査の基本がわかりやすく書かれていました。


裏切りのサーカス

『裏切りのサーカス』 予告編
 説明しない映画。こういう映画が売れる社会はすてきだと思います。原作がありますから不毛な仮定ですが、凡庸な映画だったら、ギラムの成長なんぞを入れ込んでしまったと思うんですよね。


沖森卓也『日本語全史』(筑摩書房ちくま新書])
www.e-hon.ne.jp
 新書でこの内容がえられるのはすばらしい。音韻・文法・表記等がまんべんなく書かれています。


岡田昭人・編『教育学入門:30のテーマで学ぶ』(ミネルヴァ書房)
www.e-hon.ne.jp
 教育学でどんなことが研究対象になるかがひととおりつかめました。ただ、項目によって質に差があるように思います。「公民教育」と「人間教育」が対立する概念なんですね。素人からすると、ちょっと不思議な気がしました。あと、大学入試改革の項で、1点差で人生が変わるようなことがあっていいのか、といった問題提起がされていましたが、どのような選抜形式であっても大学に定員があるかぎり同じことだろうと思いました。

2月に読んだ本

S・S・ラージャマウリ『バーフバリ:王の凱旋』

「バーフバリ 王の凱旋」予告編
 SNSの盛り上がりに乗じて見に行ったクチですが、うーん、そこまでかなというのが正直な感想です。これがここまで人気になるのなら、去年の「コール・オブ・ヒーローズ」ももっと火がついてほしかった。多くの日本人が抱いているであろうと思われるインド映画の先入観を否定する点では、もちろん佳作ではあります。物語に深みが出ているし。嫌味な言い方ですけど、みなさん水戸黄門が好きよね、などと。


キングスマン

映画『キングスマン』予告編
 さかのぼって第一作を見ました。『ゴッドファーザー』や『インディ・ジョーンズ』などと同様に、このシリーズは第二作のほうが優れています。どうしても主人公の成長を描かなければならないため、そこがやや冗長に感じられました。第三作はやはりあの国のエージェントが登場するのでしょうか。


苅屋剛彦ほか『教育の社会学:〈常識〉の問い方、見直し方[新版]』(有斐閣)
www.e-hon.ne.jp
 教育学と教育社会学が異なるとして、何が違うかと言うと、教育学が前提としている部分を疑うのが教育社会学なのかなと思いました。しつけをどうればいいか、とそもそもしつけのせいで親は疲弊していないか、とは観点が違いますよね。


工藤保則ほか編『質的調査の方法:都市・文化・メディアの感じ方[第二版]』(法律文化社)
www.e-hon.ne.jp
 これも親切設計でよかったです。やはり実例とともに方法を紹介してくれる教科書は助かります。ただ、やはり質的調査だけで押し通すのはなかなか厳シソウダナアと感じました。

1月に読んだ本

ヴィトルド・ゴンブローヴィッチ『トランス=アトランティック』(国書刊行会)
www.e-hon.ne.jp
 セリーヌの『世の果てへの旅』とゴンブローヴィッチの『フェルディドゥルケ』が大好きです。読んだ後の人生でもいくらか影響を受けて、とにかく逃げ出してばかりいます。『トランス=アトランティック』も『フェルディドルケ』と根っこのところは同じで、三十六計逃げるに如かずな小説なんですが、今作の道具立ては、いささか時代の限界を感じてしましました。祖国とか祖国愛とか「祖国性」とでも呼べそうなものとかを体現した人物が出て来ます。そして、それを徹底的に愚弄するために現れる、手段としての人物がいて、その描かれ方が、ちょっと現代では厳しいものがあります。ゴンブローヴィッチがすごい作家であるとの気持ちは変わらないのですが……、また、そのうち読み返したいと思います。


村田喜代子『名文を書かない文章講座』(葦書房)
www.e-hon.ne.jp
 朝日文庫からも出ていましたが、どちらも品切れ重版未定です。
 私は他人の話を聞くときも、そんなことはどうでもいいから早く核心だけ話してくれよ、と思ってしまいます。人に読まれる文章を書くときは、出だしはそろ~りと。たしかに本職のかたの書いた小説はそうなっていますよね。
 そういえば、役割語も消えゆく運命かと思いきや、やはり小説は現実と違うからむげにできないようです。


福沢諭吉『学問のすゝめ』(講談社学術文庫)
www.e-hon.ne.jp
 年始にtwitterでこれを知ったかぶって語る人が話題になっていましたから、せっかくの機会だと思って、読んでみました。驚きました。当時の人の驚きはもっとだったでしょう。


松本和也・編『テクスト分析入門:小説を分析的に読むための実践ガイド』(ひつじ書房)
www.e-hon.ne.jp
 今の学生さんはこんな懇切丁寧な教科書があって、仕合わせですね。巻末には対象作品もすべて収録されています。この本の長所は、自分でもできそう、と思わせるところですかね。何が語られていて、何が語られていないか、に敏感になれそうです。


牧野修『月世界小説』(早川書房[ハヤカワ文庫JA])
www.e-hon.ne.jp
 昔、≪SFマガジン≫の500号記念だかで「探偵/物語」を読んでひどく感銘を受けました。そのあとで、学問の世界にも「構築主義(社会構成主義)」などというものがあるらしいと聞き知って、でも、けっきょく勉強しないままでした。この世界はアナログなのかもしれませんが、わたしたちは言葉というディジタルなものでしか世界を認識できません。そこから漏れ出るものもたくさんあるじゃろうと思われますが、いかんともしがたく、言葉で再構築された世界に生きているわけです。わたくしのような素人の目には、このような「言葉」とは何とも不思議な存在に映ります。その「言葉」を武器に「神」に戦いを挑む者たちの物語でした。



映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」予告B
 前作を見ていなかったのですが、それでも楽しめました。続編だからできたのかもしれませんけど、冒頭からだれることなく見せ場がずっと続いて、この辺りは何とも現代的だなあと思いました。どうして裏切りに気づいた説明が足りないと感じる人もいるようです。あそこで薬じゃなくて仲間を守ったからではないでしょうか。


松田真希子『ベトナム語母語話者のための日本語教育ベトナム人の日本語学習における困難点改善のための提案』(春風社)
www.e-hon.ne.jp
 途中で読むのをやめた本。日本語教育学でも統計分析が必須の技術な観を呈しつつあります。そうであるからこそ、方法論や手法の妥当性などにも敏感でありたいものです。言語能力テストの平均点から語学力を推測するのは無理があるような気がしますし、たかだか数十の調査対象者ならテキストマイニングには不足なんじゃないですかね。

12月に読んだ本

池内紀『闘う文豪とナチス・ドイツトーマス・マンの亡命日記』(中央公論新社[中公新書])
www.e-hon.ne.jp
 池内紀はこういうものを書かせたら本当にうまいと思います。日記を紹介する形をとりつつも、見事な評伝になっています。なんというか池内先生の書き方はとても品がよくて、最後まで言い切らないところが好きです。


今井昭夫ほか編『現代ベトナムを知るための60章[第二版]』(明石書店)
www.e-hon.ne.jp
 大陸の影響のたいへん強い国ですが、もちろん似ていない部分も多々あって、支配の末端は隣組みたいな組織であることなどは異なりますよね。あと、女の人は体の線を強調した服を好んで、下着が透けるのも厭わないんだとか。かわいい服はあまり人気が出ないんだそうです。似ている部分は、夫婦共働きが主流だけれども、家の中のことはまだまだ女の領域とされるところなどです。
 惜しむらくは第二版も二千十二年ですから、その後に急増した外国人技能実習生や留学生のことに触れられていません。第三版に期待します。
 あと、本シリーズ共通の欠点として、事実と意見の区別ができない担当者が散見されることが挙げられます。こちらは事実だけ提示してくれればじゅうぶんなのですが。

11月に読んだ本

斎藤泰弘『ダ・ヴィンチ絵画の謎』(中央公論新社[中公新書])
www.e-hon.ne.jp
 著者の主張によれば、これまでのレオナルド研究は彼の自然観が一貫したものとみなす誤謬を犯しています。レオナルドは新プラトン主義やスコラ哲学などをつまみ食いしながら独自の世界観を形成していて、その考察の結果が絵画の背景に活かされている、と。そして、モナ・リザの正体にまで筆が及びます。
 私の親方がよく口にした、「真実は、単純で、素直で、つよい」を彷彿とさせる本でした。著者の考察に思わず納得しましたが、ただし、非礼を承知であえて申せば、「えっ、そこ論証なしで断言しますか?」なところが無きにしも非ずで。
 他の方の書評をいくつか拝読しましたら、難しかったとの声が散見されました。私には文体も平易で、内容も科学史的なことを含むとは言え理解しやすいと思えましたから、意外です。


中村光夫『風俗小説論』(新潮文庫)
www.e-hon.ne.jp
 現在は講談社文芸文庫なら新刊書店で購入できます。中村の『日本の近代小説』も『明治・大正・昭和』もこれの同工異曲と申しましょうか、おなじ著者ですから、当然と言えば当然ですが。最近、大橋崇行先生が囀ってらっしゃったところによると、近年の研究では、日本の近代小説は必ずしも〈私〉に拘泥していたわけではないとされているようです。そうだとしたら、我々一般人は中村光夫の呪縛にとらわれたまま、ということになりそうです。


本田弘之ほか『日本語教育学の歩き方:初学者のための研究ガイド』(大阪大学出版会)
www.e-hon.ne.jp
 共著者のなかに、ひとり、承服しがたい主張をなさっておいでのかたがいますが、それは玉に瑕でたいへん得るものがありました。日本語教育学の学会の動向から研究方法、調査の留意点まで書いてありますから、当該分野の学生のとっては、たいへん心強いのでは?


岡田寿彦『論文って、どんなもんだい:考える受験生のための論文入門』(駿台文庫)
www.e-hon.ne.jp
 残念ながら品切重版未定のようです。「論文」と銘打っていますが、一般的に「小論文」と呼ばれるものの指南書です。「『問題』は『困ったこと』じゃなくて『考える必要があること』なんだ」(24頁)は、大学院を目指す人でもわかっていない場合があります。筆者は課題文の作者に対しても手厳しいことを書いていて、その作者は私同様、じぶんで「考える」ことをしていません。考えたつもりになっているだけです。