ポレンタ天国

ちょいデブおやじのダイエット奮闘記です(笑)

(随時更新)新米日本語教師に役立つ本

jn1et.com 中国語教授法に関するブックガイド目次 - 須山哲治のサイト - アットウィキ これらのウェッブ・サイトでほとんど事足りると思いますが、ここから零れ落ちているものをご紹介します。ご参考まで。右も左もわからないような新人日本語教師の役に立つ…

7月に読んだ本

洪金寶『おじいちゃんはデブゴン』 映画『おじいちゃんはデブゴン』予告 香港映画も「ドラマ」を作れるようになったのだなあと感慨を覚えました。サモ・ハンお得意のギミックももちろんでてきます。見てよかった。 陳木勝『コール・オブ・ヒーローズ:武勇伝…

6月に読んだ本

asa10.eiga.com 受像器ではなんども見ました。劇場で見るのははじめてでした。大画面だから気がつくこともありますね。駅で待ち伏せているところに怪しい男が入ってくる。その男は柱を背に新聞を読みはじめるのですが、男が現れたとき、床を拭いていた掃除夫…

5月に読んだ本

細川英雄ほか編『複言語・複文化主義とは何か:ヨーロッパの理念・状況から日本における受容・文脈化へ』(くろしお出版) www.e-hon.ne.jp 日本の外国語教育でよく見る主張に対する違和感の正体はこれでした。 Can-DoっていうときCEFRっていうのやめたらみん…

イタリア語の読解教材その2(シリーズ中華教材③)

pluit-lapidibus.hatenablog.com pluit-lapidibus.hatenablog.com北京语言大学出版社から、イタリア語の読解教材が出版されていました。 Marco Dominici,Cinzia Medaglia『意大利语分级阅读』 《意大利语分级阅读》系列是从意大利原版引进的分级阅读图书。…

「日本語教育あれこれ」を拝読して

webjapanese.com たいへん有益な記事だと思います。公開してくださったことに感謝します。で、これを踏まえて自分の意見をいくつか書きたいと思います。1.日本語教育能力検定試験 養成講座の費用を工面できない人は受けてもいいと思います。受験料と書籍購…

4月に読んだ本

亀井秀雄『明治文学史』(岩波書店) www.e-hon.ne.jp 3月末に読みました。大学の何かの授業で教科書に指定されていましたから、書名は知っていました。大学生協の購買部でパラパラと立ち読みして、いずれ読もうと思ったはいいが、いつしか品切れ重版未定。も…

新米日本語教師が30分以内に教案作成を終わらせる方法

0.はじめに 新人のうちは授業準備に何時間もかかってしまうことがざらにあると思います。 ちょっとした計算におつきあいください。かりに1コマ45分1,800円で非常勤講師として契約したのだとしたら、90分授業で3,600円です。この場合に授業以外で使ってもい…

好きな張韶涵

一時期、中華圏や韓国の音楽を聴くのが好きでした。あちらの流行歌はどうもバラードが好かれる傾向にあるようで、大陸で出会った人たちの間では日本の歌手ならKiroroの人気があります。私はロックとか軽快なポップスのほうがありがたいです。で、今回はアン…

3月に読んだ本

榎本隆司・編『はじめて学ぶ日本文学史』(ミネルヴァ書房)はじめて学ぶ日本文学史 (シリーズ・日本の文学史)作者: 榎本隆司出版社/メーカー: ミネルヴァ書房発売日: 2010/05メディア: 単行本この商品を含むブログを見る中村光夫『小説入門』(新潮社[新潮文庫…

(人文・社会科学向け)研究テーマの見つけ方

sociology.jugem.jp 「研究題目」でも「研究課題」でも「研究テーマ」でもなんでもいいですが、私はこれを見つけるのが非常に苦手です。日本以外の先進諸国には、就職に有利だからという理由で大学院進学率が上昇している国もあるようです。ということは、と…

2月に読んだ本

映画ですが、アントワーン・フークア監督『マグニフィセント・セブン』 映画『マグニフィセント・セブン』予告編 松永澄夫・編『知識・経験・啓蒙【18世紀】』(哲学の歴史6、中央公論新社)哲学の歴史〈第6巻〉知識・経験・啓蒙―18世紀 人間の科学に向かって…

1月に読んだ本

«日本語学»2016年11月特大号(明治書院) www.fujisan.co.jp 年末に読みました。特集は「手書きの字形を考える」でした。版元のウェッブ・ページによると、「世界言語の中の日本語、史的変遷、言語芸術における特徴など、多彩な視点から日本語研究の最先端を広…

12月に読んだ本

必要に迫られて、精神分析批評をちょっと齧ることにしました。若いころにも、川本晧嗣ほか編『文学の方法』(東京大学出版会)で批評の実践例を読んだことがあります。「なにいってだこいつ」以外の感想が浮かびませんでした。このたびは大浦康介・編『文学を…

台湾・香港・韓国の日本語学習者数に関して国際交流基金・電通が共同で行った調査の質について

先日、このような表を見ました。 *1 韓国の勤労世代はおよそ六人に一人の割合で日本語を学習しているとの推定を見て、そんな莫迦なと思ったのは私だけではないでしょう。「3人集まれば70~80%の確率で1人は日本語を話せる人がいるという結果も出ています」*2…

じゃあ、どうするか(日本語教師の待遇はよくならない②)

こちらのつづきです。 pluit-lapidibus.hatenablog.com 小学校に上がる前後の頃だと思いますが、水泳を習う講座に通わされました。同じく通う子供に暴言を吐かれたのだと思います。私はサウナで講師陣に被害を訴えました。講師陣は私の訴えを真剣に取り上げ…

11月に読んだ本

町田和彦・編『華麗なるインド系文字』(白水社)華麗なるインド系文字作者: 町田和彦出版社/メーカー: 白水社発売日: 2001/01メディア: 単行本 クリック: 12回この商品を含むブログ (4件) を見るウィキペディアを眺めていると、「සිංහල」や「မြန်မာဘာသာ」とい…

10月に読んだ本

フェデリコ・ガルシーア・ロルカ『血の婚礼』(未來社)血の婚礼 (てすぴす双書 49)作者: F.ガルシア・ロルカ,山田肇,天野二郎出版社/メーカー: 未来社発売日: 1954/03メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 一般に入手しやすいのは岩波文庫版で…

海外日本語教師になる前に〈シリーズ大きな主語②〉

※伝聞した程度のことをエラソーニ*1語ります。 もう若くない人が、若者は○○語を勉強して○○で働いたほうがいい、などと無責任なことを助言することがあります。(○○に入る国名はいくつかパターンがあります)なぜ無責任かと言うと、そういう国の査証の制度が変…

オンラインで自宅学習

大学受験と言えば、二十世紀末は予備校が駅前のビルを一棟丸ごと使って、その大教室に浪人生がすし詰め、といった印象がありましたが、二十一世紀になりますと、学習塾が雑居ビルのひとつの階を借りたところで現役高校生が専業講師の映像授業を受講ないし大…

外国人技能実習生を受け入れる企業の問題点

問題を起こす企業は、過疎地の零細企業である。法違反を摘発し勧告を求めれば企業はほとんどが倒産する。*1 倒産した事業主は新たな受け入れ先を探す必要があると、厚生労働省は明記しています。*2けれども、そう簡単に次の受け入れ先が見つかっていないらし…

「意識を変えるのに効果があるから○○を導入しましょう!」その2

その1はこちら。 pluit-lapidibus.hatenablog.com ちなみに昨晩の懇親会で一番嬉しかったのは、宴会の最後に「せっかくの命を頂く食事、食べ残しはもったいないから、最後にみんなで一気に食べましょう」と声を上げたら、みんなが賛同してくださって残って…

9月に読んだ本

東京YMCA日本語学校・編『入門日本語教授法』(創拓社) 入門 日本語教授法作者: 東京YMCA日本語学校出版社/メーカー: 創拓社発売日: 1992/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る初級文法の分析、留意点と導入の仕方や練習法からなります。斜めに読ん…

日本語教師の待遇はよくならない

続きも書きました。 pluit-lapidibus.hatenablog.com 「日本語教師の給料は低い」「日本語教師は食べていけない」「日本語教師は職業ではない。生き方だ」といった言説第15号、2015年 [https://dwcla.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=reposi…

法律上・契約上の根拠がないのに「説明責任を果たせ」と言うような暴論

この「説明責任」という用語は、マスコミ関係者に限らず日本で広く濫用されているものですが、これは、日本人の「ルール感覚欠如」を端的に示す典型例のひとつです。 日本将棋連名の理事会に「そうした責任がある」(説明する義務がある)という根拠は、いっ…

フラッシュモブのせいで離婚

旧聞に属する話題ですが、detail.chiebukuro.yahoo.co.jp この「愚痴」から、伊藤和夫『テーマ別英文読解教室』(研究社)の第7章「レストランの悲劇」に収録された英文を思い出しました。立教大学の入試問題だそうです。出典はKatharine Brushの「Birthday Party」…

「2年間の日本語教育で非漢字圏学習者をN2に合格させるのは無理」

などと、日本語教育の世界では言われているそうです。非漢字圏学習者とは、ここでは、ネパールやベトナムから日本国内の日本語学校に留学した人たちのことです。日本語教師がSNSでこうした学生のやる気のなさや成績の悪さを責めたり嘆いたりしているのをよく…

火傷の応急処置

あなたがたのうちで、やけどしたときに氷水や氷で冷やしていない者が、最初に「自然派ママの新常識」を嘲笑しなさい。 恥ずかしながら、今の今まで、やけどをしたらすぐ氷で冷やしていました。kekimura.blog.so-net.ne.jpジャーサラダを喜び勇んで揶揄してい…

G20杭州サミットの晩餐会

九月四日から五日にかけて、G20杭州サミットが開催されました。四日の夜に習近平国家主席が各国の首脳とその配偶者を歓迎する晩餐会を主催しました。そのときの献立です。 1.龙井虾仁(海老の龍井茶炒め)2.西湖醋鱼(草魚の甘酢餡かけ)3.东坡焖肉(…

カフェ・ソスペーゾ

この記事「恩送りコーヒーと江戸しぐさ」のつづきです。 pluit-lapidibus.hatenablog.comウィキペディア日本語版にカフェ・ソスペーゾの項目があります。 カフェ・ソスペーゾ - Wikipedia 中国語では「待用咖啡」と言います。 baike.baidu.comこれから派生して「…

曽野綾子と織田作之助

ともに昭和六年生まれの曾野綾子と有吉佐和子が、前者は「遠来の客たち」(昭二九)後者は「地唄」(昭三一)によってみとめられ、戦後育ちの二十代の女性らしい明るさと大胆さで、歴史と現代に取材した物語を書きだしたころから、女流作家全般の作風に一つの大きな…

日本語教師の「ヒヨコ食い」

名刺を刷り、自宅で開業したところで仕事は皆無――という人が毎年大量発生し、同じく「食いあげた先輩社労士」が彼ら彼女ら「ヒヨコ社労士」を食い物にする「ヒヨコ食い」なる現象が起きるほどです。 ヒヨコ食いとは、平たく言えば、ヒヨコ社労士向けの開業セ…

8月に読んだ本

今村和宏『わざ:光る授業への案内』(アルク) www.bookpark.ne.jp たぶんこの月に読んだんじゃないかと思いますが、7月かもしれません。実店舗でもオンライン書店でも在庫なしですが、オンデマンド出版で販売されています。「脳細胞の回路を作りやすい」とか…

墨守

私の知り合いに日本語教師がいます。その人の母語は日本語ではありません。大学で日本語を勉強し、日本国出身者が設立した語学学校に就職しました。勤めはじめてからまず、何をさせられたかというと、「教案」(学習指導案のこと)づくりだそうです。なにぶん初…

親の責任を問う日本の特殊性

「世間さまが許さない!」案件。 法的には無罪であっても、道徳的に責任があるということがあります。国家が法的に罪を追及するとしたら、道徳的に責任を追及するのはいわば共同体です。その意味で、道徳は、共同体が存続するための規範であるということがで…

全国日本語学校連合会の記事・コラムについて

一般社団法人全国日本語学校連合会(略称JaLSA)とは、 法務省から告示を受けた日本語教育機関を会員資格とする国内初の日本語学校の法人格を持った唯一の業界団体です。 全国の日本語学校のうち、現在140校が加盟しています。*1 一般財団法人日本語教育振興協…

ふつうの人生

仮想空間で見つけた方の話です。その方は、昭和の日本ないし現代東アジア諸国の会社員であれば、定年退職していてもおかしくない年齢のときに、時間給労働のかけもちで生計を立てておられ、しかも、お子さんを大学へ進学させておいででした。なにやらどうも…

意識を変えるのに効果があるから○○を導入しましょう!

そして、三つ目が「意識改革にはつながるよ」というタイプです。「たしかに英語力に効果はないかもしれないけど、英語に親しめるようになるよ。英語への抵抗感はなくせるよ。負担感も減るよ。そういう意識改革ができれば英語学習に積極的に取り組むようにな…

日本語教師の参考になるSNS発信者

参考になるなどとエラソーニ*1言えるような立派な人間ではありません。ずいぶんと面の皮の厚いことよ。 ①稼げる日本語教師になろう businessjapanese.doorblog.jp 働き方であったり仕事術であったりが、会社員経験のない日本語教師の参考になります。日本語…

やさしい日本語ツーリズム研究会

※以下のウェッブ・サイトはすべて二千十六年八月十九日午後九時頃に閲覧しました。二千十六年八月十八日、株式会社電通とヒューマンアカデミー株式会社、東京外国語大学の荒川洋平教授らの共同で「やさしい日本語ツーリズム研究会」が発足しました。 ウェッ…

イタリア文学でおすすめは何ですか〈第2版〉

長篇小説サンドロ・ヴェロネージ『過去の力』(シーライト・パブリッシング) 過去の力作者: サンドロ・ヴェロネージ,黒井博美,大谷敏子出版社/メーカー: シーライトパブリッシング発売日: 2008/07/26メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含むブログを見る…

ジョージ・オーウェル「イギリスの階級制度」より

There is, however, another noticeable division in the middle class. The old distinction was between the man who is "a gentleman" and the man who is "not a gentleman." In the last thirty years, however, the demands of modern industry, and t…

私の世界史

大学受験を控えた年に地元の学習塾へ通いました。そこで世界史を教えていた講師は、「大学で経済人類学を学び、ドラッカーの社会生態学に依拠した独自の歴史観を持ち」と紹介文にあるでした。ちょうどそのころ、川勝平太の経済史に触れたのもあって、経済学か…

「事実は価値判断とは独立に存在し得ない」というヤツだ

① デジタル部・與那覇里子、ライター・大橋弘基 「急増するネパール人 沖縄に来た理由(1)『日本は素晴らしい国』夢を追い勉学とバイトの日々」 (沖縄タイムス2016年8月6日13:23) www.okinawatimes.co.jpデジタル部・與那覇里子、ライター・大橋弘基 「6畳に2人…

別府(お詫びします)

「飯を食べる中国の男性」(1901頃)。嬉しそうに白米を食べる中国人の男性を捉えました。当時は清朝末期、義和団の乱が起こるなど西洋諸国との軋轢の中で庶民は時代の波に翻弄されていました。書肆ゲンシシャでは古写真や写真集を扱っています。 pic.twitte…

玉音放送のリスニング問題

八月がやって来た。終わりが間近いとはっきり感じられるようになった。警官たちはほとんど姿を見せない。わたしたちは村まで下りていくようになり、村人のほうも顔を覚えてくれ、友人みたいに挨拶を交わすようになった。暑ければ川に泳ぎにいった。こうして…

七月に読んだ本

かつて描かれたことのない境地: 傑作短篇集 (残雪コレクション)作者: 残雪,近藤直子,深谷瑞穂,富岡優理子,鷲巣益美,泉朝子,右島真理子出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2013/07/19メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る 老母からよく、「また本ば…

ジョージ・オーウェル「イギリス人の政治観」より

English political thinking is much governed by the word "They." "They" are the higher-ups, the mysterious powers who do things to you against your will. But there is a widespread feeling that "They," though tyrannical, are not omnipotent. …

ホラッチョ黒石

大泉黒石という作家がいました。しばらく前に死んだ俳優さん、大泉晃の父です。『俺の自叙伝』が≪中央公論≫の瀧田樗陰に絶賛され、一躍大正文壇の寵児になりました。 父はロシアの農家の家系の出自、好学の士でペテルブルク大学での法学博士。ロシア皇族の侍…

内定をもらったら入社式までに読む本

ビジネス・ナンセンス事典 (集英社文庫)作者: 中島らも出版社/メーカー: 集英社発売日: 2016/04/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 「仕事が人間を成長させる」とか「仕事で自己実現」とか、よく耳にします。らもさんの定義は、仕事とは会社に自分…